5/26より、こども園・学童クラブは警戒を緩和します。

 緊急事態宣言によりこども園、学童クラブ利用自粛をお願いしてきましたが、宣言が解除されたことにより、5月26日より通常どおり開園いたします。

 園で定める行動指針(BCP)のレベルを「3(制限-大)」から「1(制限-小)」へ移行します。これからも、感染拡大防止にご協力を宜しくお願い致します。 


LINEによる家庭連絡にご登録をおねがいします。

たどし認定こども園かぜっこのLINE公式アカウントにご登録をお願いします。新年度から家庭連絡にLINEを追加。
従来のEメールでの配信を廃止し、LINEでいち早く
おしらせします。左のリンクバナーから友だち追加をお願いします。


2020年度 新入園児 募集中

 たどしの自然のなかで、人と出会い、人と関わり、子どもたちはたくましく成長していきます。親と地域が保育に深く参加する多度志の子育てをご一緒に楽しんでみませんか。深川市内からは毎朝バス送迎を行っています。

 入園のご希望、見学などお問い合わせはお気軽にどうぞ。 

  • 1号認定こども(満3才~幼稚園・教育枠)   5名 <2020年5月現在>
  • 2号認定こども(3才以上児~保育枠)     若干名
  • 3号認定こども(3才未満児~保育枠)   若干名

 詳しくは、下記リンク先のページをご覧ください。(一時預かり申込書もダウンロード可)


こども園行事予定

月の行事予定をおしらせします。詳しい内容はおたよりでお伝えします。予定は変更になることがありますので、必ず園にお確かめ下さい。(掲載されている予定は一部です。)

※スマートフォンなどのカレンダーアプリに同期出来ます。下部の「+」をクリックして下さい。


保育利用料のお支払いにクレジットカード・電子マネーが利用できます。


◇取り扱い種別◇【クレジットカード】VISA / mastercard / JCB / AMEX / Diners Club 

【電子マネー】Suica / Kitaca ほか交通系 / nanako / WAON

 

※キャッシュレス5%還元はクレジット・電子マネーでのお支払いのみとなります。

 こども園では、保育利用料のお支払いに現金を取り扱っておりません。利用料をお支払いされる際は、上記のクレジットカード(一部デビッドカード利用可)および電子マネーがご利用いただけます。
 また、引き続きJAバンク(きたそらち農協)、北洋銀行もご利用いただけます。

 

 


食物アレルギーのお子さんをお持ちのおかあさんおとうさんへ(給食のご案内)

 「たどし認定こども園かぜっこ」では、食物アレルギーをお持ちの子どもも安心して食べられるように、卵と乳製品を完全除去した卵・乳アレルギー対応の【なかよし給食】をすすめています。

 

 お米や野菜はもちろん地元産。すべての子どもに炊き立てのごはんを用意しています。パンは道産小麦を自前の専用ベーカリーでいつも焼きたて。ラーメンは卵不使用の特製麺をお取り寄せ。揚げものの衣やつなぎ、クッキーやドーナツも卵・乳を一切使っていません。

 普段の給食も、薄味を基本に家庭の味を大切に、育ちざかりの子どもの必要栄養量を満たすおいしくて安心な給食づくりを行っています。

 

 深川産りんごやさくらんぼ、ときどき四国や九州、沖縄からも旬の果物・野菜が届きます。これからの季節は、子どもたちがお散歩で採ったウドやヨモギ、秋はキノコも給食に加わって天気が良ければ園庭でごはんをいただきます。

 

  赤ちゃんにもやさしい【なかよし給食】は、乳児さんの離乳食が終わっても、ご家庭と相談しながらひとりひとりのペースで幼児食に移行していきます。

「まだ牛乳を飲ませたくない」「揚げものも避けてほしい」「食が細くて離乳食の進みが遅かった」など、個別の成長と発達を見つめながらおかあさんやおとうさんと共同で子育てをすすめていきます。

 


 

福島をわすれない! ベクレルフリーをまじめに考えています。

 2011年3月の東京電力福島第一原発事故では、北海道をはじめ全国各地に、私たちの住む深川、多度志にも一時避難や移住された方が大勢いらっしゃいます。私たちのこども園でも、この間たくさんの避難してきたお友だちやご家族を受け入れてきた経験から、放射能汚染の影響が残る東北・関東地方の産地食材は、すべて不使用を徹底しています。

 なにより、農業がいのちを育んできたふるさとで、少人数の園だからできる「食育」へのこだわりを続けています。

体験入園・見学、給食の試食をいつでも歓迎します。おかわり自由です。


ドイツから保育スタッフが加わりました

 シドニーさんに代わって、あたらしい保育ボランティアにドイツのヴォルフスブルク出身のレナート・ブレマーさんが加わりました。

 2020年8月まで私たちの保育をサポートしてくれます。目下、日本語猛勉強中です!お迎え時などに気軽に話しかけてくれると嬉しいです。

 おうちに招いてごはんを食べさせてくれると、もっと喜ぶと思いますよ。

 

※残念ながら新型コロナウイルス感染拡大により、3月末で一度本国へ帰国することになりました。レナートさんは帰国にあたり、収束後にはふたたびこども園に戻ってきたいと話していました。お互いに元気で再会を果たしたいと願っています。

 



こども園からのおしらせ